乙女ゲーに転生したら意外な沼に落ちました(下)

リュエットのまわりで続発する魔力画の発火事件。 ヴィルレリクに御守り変わりにもらった魔力画で難を逃れる彼女だったが、精神的なショックは大きかった。 この事態に知り、魔術に関連した犯罪を取り締まる機関である『黒き杖』が捜査を開始。 その一環として、ヴィルレリクがリュエットの護衛として行動を共にするようになる。 発火事件の後もリュエットは様々な事件に巻き込まれ、なんども命の危機にさらされる...

加護無し令嬢はハーブの癒しで幸せです!~婚約破棄されて生家を追い出されましたがありのままの私でいいのです~

貴族として認められるために必要な“精霊の加護”という特殊な能力を得る儀式「成人の儀」において、 精霊の加護を得ることができなかった男爵令嬢のアメリア。 この出来事により、婚約者であったローレンスからは婚約破棄されてしまう。 挙句には家の恥として、醜聞のほとぼりがさめるまで別荘のある南方の土地へ厄介払いされることになる。 そこでアメリアは、元は王国騎士団副団長をしていたエドワードに出会う...

乙女ゲーに転生したら意外な沼に落ちました(上)

推しが好きすぎてハマっていた乙女ゲームのキャラクター、リュエットに転生した主人公。 ゲームの舞台となるメルシア王立学園への入学も果たし、これからイケメンとの胸キュン展開になると思いきや……。 ふとしたきっかけで見かけた、魔力により動く絵画――魔力画に心を奪われてしまう。 それ以来、イケメンそっちのけで魔力画に夢中なるリュエットだったが、 彼女に対し過保護すぎる残念イケメンな兄をはじめ、...

【魅了の魔眼】は危険だからと国外追放された伯爵霊嬢は招き人とともに魔族の国に拾われました(下)

念願のお店を開くことができ、魔物討伐に出るシンのために護符作りに精を出すスウ。 少しずつ仕事に慣れてきた彼女だったが、人間の国から追放されるきっかけを作った聖女のヒカリや、 妹のエリリーリットたちが魔人の国へとやってくる。 シンとミゲルが、ヒカリたちと話して場面を見てしまったスウはその場から逃げ出すが、 魔人の国でせっかく手に入れた居場所を失ってしまうのではないかという絶望にかられる。 ...

【魅了の魔眼】は危険だからと国外追放された伯爵霊嬢は招き人とともに魔族の国に拾われました(上)

伯爵家令嬢のコニッシュ・スウは、生まれつき体が弱いこともあり引き篭りがちな少女である。 社交の場ではもちろんのこと、家族からも蔑ろにされる彼女は、存在感のなさから伯爵“霊”嬢と揶揄されていた。 そんな目立たないスウの持つ赤と青の瞳は、じつは人を魅了する力を秘めた魔眼であり、 このことから「魔瞳を使って王子殿下を籠絡しようとしている」という嫌疑をかけられ、 家人たちにより遠い魔人の国の森に捨...

嫁いでみつけた! 異世界ポツンな一軒家~灰かぶりな旦那様との快適DIYライフ~

継母に冷遇されてきた男爵令嬢のエイラ・クレシャスは、18歳になり厄介払いのように嫁へ出されることになる。 嫁ぐ相手のことも詳しく知らされず父親から渡された嫁ぎ先の地図には、 大きな湖の近くの山のど真ん中に赤いバツ印がされ、『赤い屋根』としか書かれていない。 周りには町や村どころか、道さえ通っていない場所が目的地のようだった。 侍女のジナとともに地図に従い悪路を進んでは、断崖絶壁を危機一...

竜騎士様のお世話係あるいはペット枠に納まったようです

竜とともに生きる竜人のライラは唯一の肉親である父と共に暮らしていたが、 竜騎士である父・べリアは国を護る戦いなかで命を落としてしまう。 身寄りのないライラを不憫に思ったべリアの部下であるアルベルトのはからいにより、 ライラは竜騎士団の宿舎で働くことになる。 お世話係として頑張るライラだったが、 ある事情によりアルベルトからは可愛いペットだと思われている模様。 さらには、アルベルトの...

乙女ゲームの設定で私に義弟なんていなかったはずだけど、トキメキ止まらないので悪役令嬢辞めて義弟に恋していいですか?

ドハマりしていた乙女ゲームの悪役令嬢、クリスティア・セリンジャーに転生してしまった主人公。 クリスティアは突然異世界から現れたヒロインに婚約者を奪われるキャラである。 その結末は、嫉妬からヒロインに手を出してしまい、元婚約者に断罪されるという悲惨なもの。 前世のゲーム知識を活かして破滅ルートへのフラグをかわして生きるクリスティアだったが、 ウィリアムという少年が養子として引き取られてく...

女騎士が美少年を育てた結果

人並外れた剣技と魔法技術を持つ女騎士のマリアージュ。 そのずば抜けた力で国の窮地を救った彼女は《炎剣帝》の異名で知られ、 敵からは恐れられ国民からは崇拝される存在である。 英雄とされるマリアージュだったが、じつは無類の美形好きで 「美少年と美少女を育てたい」 という騎士らしかならぬ残念な夢があった。 功績により爵位を得た彼女は、この機会に恵まれない境遇にいたハーフエルフの少年・...

荘園経営に夢中なので、花嫁候補からは除外してください(下)

ライラからの祝福(キス)を巡るカールとアレクの馬追い対決は意外な結末で終わる。 祭りも終わって日常に戻ったライラだったが、本人の意に反して王太子妃候補からは外されない。 そのうちに『花嫁候補を辞退せよ』と書かれた脅迫の手紙までが届くようになるのだった。 そうしたなか、ついに事態は急展開を迎える。 楽しいはずの農作業の最中に、謎の集団から襲撃をうけるライラたち。 この場を救ったカールか...

荘園経営に夢中なので、花嫁候補からは除外してください(上)

男爵家の令嬢・ライラは狭く厳しい自然環境の男爵領で、家族や領民たちと力を合わせ慎ましやかに暮らしていた。 そんなライラの楽しみは土いじりであり、温室をつくり作物の品種改良や栽培に励んでいた。 ところがある日、母方の祖父が有力貴族だということもあり、年頃のライラは王太子妃候補のひとりとして選ばれたことを知らされる。 そうこうするうちに、王子の代わりに王太子妃候補の検分役・カールが男爵領へと...

白薔薇姫にくちづけを~記憶喪失の吸血鬼姫は盾と王子に護られる~

柔らかな風と小鳥のさえずりに誘われ目覚めた主人公――そこは見知らぬ場所だった。 それだけではなく、自分が誰かもわからない。主人公の側に居て目覚めを喜ぶ青年は彼女のことを姫と呼ぶが、一切の記憶がなかった。 青年はロアといい、彼女を守る盾だと紹介される。ロアから自分がロゼという名の姫で、三年も眠り続けていたことを知らされるのだった。 自らが吸血鬼であることも教えられ、ロゼは戸惑いながらも少しずつ...

Coming Soon
リリースをお待ちください

 

記事がありません。

INFORMATION

Twitter