生まれ変わった女騎士は、せっかくなので前世の国に滞在してみた~縁のある人たちとの再会を懐かしんでいたら、最後に元ご主人様に捕まりました~

魔物の襲撃から幼きノヴァ王子を守るために、若くして命を落とした女騎士のセリーヌ。 彼女はすぐに、別国の子爵令嬢スーザンとして生まれかわるのだった。 7歳にして前世の記憶を取り戻したスーザンは、セリーヌと同様に騎士としての道を歩みだす――。 そして17歳となった彼女は王族の護衛として、セリーヌとして生きたグレイシア王国へと向かうことに。 滞在中に前世の騎士仲間たちの弔いをするなかで、行動...

理想の悪役令嬢にどうしてなれないの!〜なぜかヒロインのように溺愛されています〜(下)

悪役令嬢ラヴィーニアに転生した蜜柑は、理想の悪役令嬢となるべく悪戦苦闘する日々が続いていた。 しかし蜜柑の努力もむなしく、ラヴィーニアは悪役令嬢には程遠く、逆に攻略対象に好意を寄せられる始末。 それでも、ゲームのシナリオ通り進めようと苦心するものの、思いとは裏腹にうまくいかず……ついには、闇の魔力に操られた者たちがラヴィーニアを襲いはじめる。 新たな困難に見舞われるも、闇の魔力を操るもの...

理想の悪役令嬢にどうしてなれないの!〜なぜかヒロインのように溺愛されています〜(上)

気に入らないものは実力で捩じ伏せる、乙女ゲーム内のキャラクター 悪役令嬢のラヴィーニア・ロンバルディ。 悪役でありながらも、その孤高で気高い姿に乙女ゲーム好きの蜜柑は憧れていた。 そんなある日、気が付けば、蜜柑は自身が憧れの悪役令嬢ラヴィ―ニアになっていた!! ゲーマーならでの知識で、シナリオ通りに進めようとラヴィ―ニアのセリフや行動を真似るものの、 なぜかシナリオ通りに進まなくて……...

リリーフ令嬢、心配ご無用 2

現世の肉体に前世の魂が宿る“前世還り”が大量発生! この現象を発端として、王都に多くの呪いのアイテムがばら撒かれる事態へ発展する。 呪いのアイテムにより、アフロヘアーになったり、靴の中に小石が入ったり――不便だったり恥ずかしかったりする呪いがちょっとした流行になってしまう。 迷惑な呪いを解こうにも、この機に乗じて解呪の価格が大暴騰したりなど王都の人々は大混乱に。 事態収拾のため視察...

恋の予言によると騎士団長様とモフモフ好きなギルド受付嬢は最高の相性らしいです。(下)

(レイ様の窮地は救ったし、一応恋人になった……。だから、予言通りになったのよね) ――――魔術師ギルドの受付嬢に復帰したエレナは、そんなことを思いながらも穏やかな日常に戻りつつあった。 しかし、そんな束の間の幸せのなか、あらたな波乱が迫ろうとしていた。 「その髪と瞳は、幸せと波乱を呼び込む」 いつか聞いたエレナへ向けられたの予言とともに、 エレナの過去と秘められた力が明らかになる...

恋の予言によると騎士団長様とモフモフ好きなギルド受付嬢は最高の相性らしいです。(上)

「お嬢さん。あなた、もうすぐ恋が訪れますよ。恋の予言は、いかがですか?」 ――予言師のその言葉に、淡い恋心が破れたばかりのエレナは興味を引かれてしまった。 魔術師ギルドの受付嬢を彼女は、普段ならば予言師の予言を聞くことはない。 職業柄や自身の能力から、予言師が偽物であると見抜けるからである。 そんな彼女でも、その予言師ははじめて出会う本物であった。 そんなこともあり、ついつい予言師にお金...

誓約魔術に誓ってもらってもいいでしょうか?

魔術の天才である公爵令嬢ローゼリアはある日、三人の王子から結婚相手を決めてくれと国王と父親に言われる。 しかも、ローゼリアの決めた結婚相手を王太子にすると普通の貴族令嬢からすれば好条件。 もし、王子たちから選ばないのであれば年の離れた貴族の後妻になるか……。 それを聞いたローゼリアは大袈裟に国王にもし、三人から選ばないのであれば年の離れた貴族、例えば近衛騎士隊長ジークフリートと結婚させる...

【悪役令嬢オムニバス】セオリー通りざまぁして差し上げますわ。お覚悟はよろしくて?

王太子ハインリヒと同じ学園に通う公爵令嬢のパルーナ。 王太子の婚約者であり生徒会役員をしている彼女は今日も、マニュアルに則って振る舞い生徒たちの風紀を執拗に取り締まる。 そんな彼女の血も涙もないに姿に、ハインリヒの心も離れていき……。 破滅ルートを突き進むパルーナの思惑とは!?――表題作「【悪役令嬢マニュアル】セオリー通りざまぁして差し上げますわ。お覚悟はよろしくて?」 公爵令嬢のリッ...

転生男爵令嬢は闇ギルドの甘党頭領から溺愛される

男爵令嬢リリアナは貴族令嬢としての自分に違和感があった。 貴族の令嬢であるなら親に決められた相手と結婚するのが普通だが、 彼女は結婚に乗り気でなかった。 そんなリリアナに思わぬチャンスがやってくる―― それは、王都で祖父が経営しているカフェテリアで働くというものであった。 リリアナは現代の日本に住んでいた前世の知識を活かしながら、 女性の喜ぶスイーツメニューを次々作っていく。 ...

悪役令嬢に…向いてない! 密かに溺愛される令嬢の、から回る王太子誘惑作戦(下)

紆余曲折を経て、自身のマルへの思いに気づいたヘルガ。 絶体絶命のピンチをメルヴィンに救われた彼女は、 ついにマルの正体を知ることとなる。 真実が明かされたとき――ヘルガが彼に突き付けた二つの条件とは? そして、彼女が心に秘めていた願いとは? 変わりもの令嬢の王太子誘惑作戦、その結末は果たして……!?...

悪役令嬢に…向いてない! 密かに溺愛される令嬢の、から回る王太子誘惑作戦(上)

見る者を凍てつかせるような美しいアイスブルーの瞳を持つ侯爵令嬢のヘルガ。 少し変わった性格から、社交界の嫌われ者である彼女に父親から命令が下る。 「王太子を婚約者から略奪せよ」 父の命を受けたヘルガは、王太子を誘惑しようとあの手この手を繰り出すが、 斜め上を行く誘惑は空回りばかり。 一方の王太子はヘルガのことを……果たして、不器用なヘルガは王太子を略奪することができるか?...

婚約者に浮気された令嬢は異国の強面盟主に溺愛される〜呪いで猫になりましたが、毎日モフられています〜(下)

実家からミランダに持ちかけられた縁談話を巡り、お互いの気持ちを確かめ合ったミランダとバーク。 猫になる呪いを解くために、ミランダたちはバークが盟主をしている竜族の里へと向かうことになる。 ミランダは呪いを解きたいという気持ちとは裏腹に、猫の姿になることができなくなったら バークは他の素敵な人と結ばれるかもしれないという不安を抱くのだった。 竜族の里でついに、この呪いを解くことができる魔法師...

Coming Soon
リリースをお待ちください

 

記事がありません。

INFORMATION

Twitter