無能と蔑まれた令嬢は婚約破棄され、辺境の聖女と呼ばれる~傲慢な婚約者を捨て、護衛騎士と幸せになります~ 2

ついにバートと想いが通じたエメライン。さらに彼女は、本来持っていた魔力で次々と魔物を倒し、辺境の聖女と呼ばれていた。 バートとの結婚の準備も進め、幸せいっぱいなエメライン。しかし、バートが腹違いの兄だという噂を聞き……? 信憑性のない話に、バートとエメラインは真偽を確かめに行くことに。しかし結婚に反対する家族や、元婚約者であるダミアンの邪魔が入ってしまう……。 バートは本当にエメラインの...

無能と蔑まれた令嬢は婚約破棄され、辺境の聖女と呼ばれる~傲慢な婚約者を捨て、護衛騎士と幸せになります~ 1

魔力がほぼない令嬢・エメラインは婚約者に無能だと言われ、何度も「婚約破棄するぞ」と脅されていた。さらに、家族や婚約者の身内にもひどい扱いを受け、唯一の理解者は侍女と、平民の護衛騎士であるバートだけだった。 そんなエメラインをずっと見ていたバートは、ある日「いっそ、このままどこかにお連れしたい」と言ってしまう。その一言をきっかけにバートを意識し始めるエメラインだが、婚約者がいるからとこの気持ち...

猫好き学者殿下の優しい略奪婚 ~なんとなくで婚約破棄された、と思ったら結婚しました。あれ? 甘々。

数か月前に流行した未知の熱病。 その病に侵され療養していた伯爵令嬢マリアンヌ・クレヴァンスの元に、親同士が決めた婚約者がジエール・ミュレン伯爵令息が見舞いに訪れ突然妙なことを言い放った。 「マリアンヌ、君との婚約の話はなかったことにする」 マリアンヌにとってそれは全く、寝耳に水の話だった。 いくら親同士が決めた婚約とはいえ、貴族の婚姻は、家同士の結びつきを強めるために行うことが多い...

悪役令嬢に転生したのでノリノリでなりきりしてみたところ、何故か溺愛されている気がしますわ!?2

前世でよくプレイしていた、同人乙女ゲーム『瑠璃色の花束を君に』に出てくる悪役令嬢、ミシュリーヌ・マチルド・プロスペールに転生してしまった藤堂瑠璃。演劇にも興味があった彼女は、悪役令嬢になりきることに。 順調に〝悪役令嬢〟になりきっている日々を送り、誕生日を迎え十五歳となった。 誕生日をお祝いに来てくれた婚約者の第一王子を褒めると、王子は顔を真赤にして怒り、ぷいっとと背を向ける。 ...

悪役令嬢に転生したのでノリノリでなりきりしてみたところ、何故か溺愛されている気がしますわ!?1

"バレーボール選手を夢見ていた少女、藤堂瑠璃は、国立大学にスポーツ推薦で受かり、これからプロを目指す……はずだったのに、暴走車に跳ねられてしまった! 目覚めるとそこはには緑色の髪の毛のド派手なおばさん。 自分のことをお嬢様と呼ぶ。 周囲を見渡せば、無駄に煌びやかな場所いて。 それに手足が小さい赤ちゃんの身体。 (まさか……私……転生してる……?) 前世でよくプレイしていた、...

とりかえ後宮造華伝

琇家に仕える元孤児の使用人・彩花は、ひょんなことから瓜二つのお嬢さまである静花の代わりに後宮に行くことになる。 後宮といっても、皇帝陛下にほとんど会うことはない末端の下級妃であったため、役割である祭典用の花や献上用の野菜を栽培しながら穏やかな暮らしをしていた。 しかし突然、彩花の部屋に皇帝がやってきて……?  聞けば、数百年に一度咲く宝花を切った犯人として、彩花が容疑にかけられているという。...

引退聖女のモーニングカフェ

孤児だったアリアローサは生まれながらに神聖力が高く大神殿で育てられ暮らしていたら、 聖女の頂点に立つ存在――「大聖女」に抜擢されていた。 以来、国のため民のために祈りを捧げて敬虔な神の使徒として生きてきたアリアローサだったが、 神聖力は二十歳でピークを迎えてそれ以降は徐々に力を落としていくため、 今年二十歳になるアリアローサは大聖女の任を解かれて新たなる聖女にその地位を明け渡すことに。 ...

オネエな魔導書に導かれ、婚約者とヒロインの裏切り回避を目指していたら、氷の公爵子息に溺愛されました。

カーライル侯爵家には代々伝わる不思議な魔導書がある。 処刑される三年前に時が戻ってしまったカーライル侯爵家令嬢のセシリアは、 未来を変えるため、魔導書に救いを求めると──突然古語が浮かび上がってきた。 『これぞ、逆行!! やり直し令嬢、キタァァァァ!!』 なんとこの魔導書は、この乙女ゲームの世界に異世界転生した魂が乗りうつったものだった! 未来が分かる魔導書の言う通り動いていると...

用済み聖女の(不)自由きままな田舎暮らし 2

――そしてふたりの心の距離は近づく 穏やかで温かな日々をすごしていたフィレーネとヴィジランスだったが、 教会の組織の一つである加療院になにやら良くない噂が…… 帰路の途中で怪我をした母親と不安そうにしている子どもたちを見つけた二人は家で治療することに。 そして最近、魔獣と思わしき被害が出ていることを知る。 領主から修道騎士団に頼んでいるが動いてはくれず、被害は広がるばかり。 そ...

用済み聖女の(不)自由きままな田舎暮らし 1

穢れを払い清め、幼い頃から国に尽くしてきた聖女フィレーネは ある日、新たな聖女の誕生によって用済みとなり教会から追い出されてしまう。 また、教会内の政争のためフィレーネが戻ってこられないように、 見ず知らずの相手を夫として充てがわれ、縁もゆかりもない土地で暮らすことになってしまい……!? 体の良い厄介払いをされたフィレーネだったが、しかし用意された土地と新居は住みやすく、夫となった元修...

取り憑かれたら、目が覚めた。DV婚約者とはさよならです!

伯爵家の令嬢であるアイリーンは自信がなくなっていた。なぜなら、彼女の婚約者であるケネスに、いつも否定されていたからだ。今日も古典詩に関する解釈が違うことで怒られ、謝ろうとしたその瞬間──とある声が聞こえてきた。 『今日も安定のクズっぷり。いっそ清々しいね! なーにが教養だよ。まずその鼻毛を整えてから言えよ、このハゲが』 声の主は、レン。日本という国で生きていたが死んでしまい、いつの間に...

殿下、婚約破棄は分かりましたが、それより来賓の「皇太子」の横で地味眼鏡のふりをしている本物に気づいてくださいっ!1

アイリーン・セラーズ公爵令嬢は、突然大衆の前で婚約破棄された。大慌てで彼女はその場から退出しようとする。しかし、それは婚約破棄が理由ではなく── (どうして帝国の皇太子が変装しているの!?) なんと、視察に来ていた帝国の「皇太子」の後ろに控える、地味で眼鏡な下級役人。彼こそが本物の皇太子であるヴィクター殿下だと気づいてしまったのだ。 「俺の正体を誰かに明かしたら、不敬だからな?」 ...

【コミカライズ】コナモノ聖女はお忍び魔王のお気に入り~追放された聖女の食堂には、今日も溺愛の魔王と忍者がやってくる(ただし、交代で)~

聖女として魔王討伐パーティーに所属しているヒイロは、傷を癒す能力を持っており、 その効果は能力を発揮した際に出現する小麦粉を使用した料理を食べることで発揮される。 ある日、婚約者のティアダムから「能力がダサい」と婚約破棄をされ、はたまたパーティーからも追い出されてしまう! 聖女の能力を生かし魔王城近くで「聖女食堂」を開くことを決意する中、ひた向きに頑張る彼女を見守る人影が2つあり…? それ...

【コミカライズ】悪役令嬢に…向いてない! 密かに溺愛される令嬢の、から回る王太子誘惑作戦

話すことが得意ではないミランダは、思い人との婚約が決まった日になぜか猫になっていた!? ミランダだと気づかない家族に屋敷から追い出され婚約者の家に行くと、浮気現場に遭遇する。 途方に暮れて彷徨うミランダを救ったのは、動物好きな強面青年のバークで――。 バークは女嫌いだったが、猫だと思っているミランダには優しく甘やかし、ミランダもバークの優しさに傷ついた心が癒されていく。 そんなある日、とあ...

【コミカライズ】ポンコツ転生幼女は実は最強の魔術師です~元悪役令嬢だった公女は二度目の人生でもふもふたちとスローライフを謳歌したい~

瀬戸内鞠絵は、動物カフェ巡りをしている最中に運悪く交通事故で死んでしまい、目が覚めるとマリエル・ローゼンストーン(5歳)に転生していた。 マリエルへの転生時に、鞠絵としての人生は2回目であり、最初の人生はマリエル・ローゼンストーンとして18歳で命を落としたことを思い出す。 前回はわがまま放題な悪役令嬢だったことを悔い改め、幼女マリエルはもふもふを愛する心でバットエンドを回避できるのか…? 赤...

【コミカライズ】女嫌いの公爵子息に「女装して妻のフリをしてくれ」と頼まれましたが、私は男装中の女です!

ノエルは性別を偽って…いわゆる「男装」をしてヴィトリー公爵家で使用人をしていた。 理由は子息であるレナルドが大の女嫌いだからである。 それなのにある日ノエルはレナルドにこう言われる。 「ノエル。女装して俺の妻のフリをしてくれ」 「……はい?」 ある事情でレナルドは偽の妻を用意しなくてはいけないらしい。 ノエルは無理だと思いながらも流されて頷いてしまい……。 こうして男装してい...

【コミカライズ】婚約者に浮気された令嬢は異国の強面盟主に溺愛される〜呪いで猫になりましたが、毎日モフられています〜

話すことが得意ではないミランダは、思い人との婚約が決まった日になぜか猫になっていた!? ミランダだと気づかない家族に屋敷から追い出され婚約者の家に行くと、浮気現場に遭遇する。 途方に暮れて彷徨うミランダを救ったのは、動物好きな強面青年のバークで――。 バークは女嫌いだったが、猫だと思っているミランダには優しく甘やかし、ミランダもバークの優しさに傷ついた心が癒されていく。 そんなある日、とあ...

【コミカライズ】無口だった婚約者は美声(イケボ)騎士でした~この恋は耳から始まった~

子爵令嬢カティーナは人よりもかなり優れた聴力を持っている。噂話までもしっかりと聞き取れてしまい嫌な思いをすることもしばしば。 そのため人が多いところが苦手となり、社交パーティーにも不参加の日々。 容姿にも自信がなかったが、姉の一言で意識が変わり聴力をいかした職に就くために勉学に勤しむようになる。 そんな努力が実り王女の側付きに選ばれることになったカティーナにさらなる朗報が重なる。 なんと王...

【コミカライズ】乙女ゲーに転生したら意外な沼に落ちました

ハマっていた乙女ゲームのキャラクター、リュエットに転生した主人公。 ゲームの舞台となるメルシア王立学園への入学も果たし、これからイケメンとの胸キュン展開になると思いきや……。 ふとしたきっかけで見かけた、魔力により動く絵画――魔力画に心を奪われてしまう。 イケメンそっちのけで魔力画に夢中なるリュエットだったが、ラスボス感のある謎のイケメンから、身を守ってくれるという魔力画を押し付けられて…?...

【コミカライズ】荘園経営に夢中なので、花嫁候補からは除外してください

社交界に顔も出さず領地に引きこもっていたはずが、いつの間にか王子の花嫁候補に名を連ねてしまっていた男爵令嬢ライラ。 自領の荘園経営に夢中になっている今、そんなものにされては困ると、父親を通じて名前を外してもらおうとするが失敗。 それどころか正体不明の花嫁候補を見極めるために、検分役の使者までやってくることになってしまう。 これからも一生領地で農業ライフを満喫していきたいライラは、王子の花嫁候...

【コミカライズ】30歳年上侯爵の後妻のはずがその息子に溺愛される

借金を抱えた実家のために針子として働く貧乏貴族のセレナ。 そんなセレナに、借金を全て肩代わりするからと、30歳年上のハーディング侯爵から縁談が来る。 実家のために縁談を受け、ハーディング邸に向かうが、そこにいたのは女性たちから熱い視線を集める息子のフェリクスだった! どうやら結婚相手は30歳年上の侯爵ではなく、その息子のフェリクスのようで――!? 「思った通り甘い香りがするね」冷たいと思っ...

【コミカライズ】王子様に一目ぼれしたら、おかしなことになっています!

とある日、貧乏伯爵令嬢であるソフィアのもとに、『王太子の花嫁選考会』の招待状が届く。 王太子との結婚や社交界には全く興味のないソフィアだったが、貴族令嬢という立場から仕方なく花嫁選考会に参加することに。 ソフィアは選考会に参加するため王都に向かう道中、ふとしたことから不思議な男性に助けられるのだが、その相手が王太子だったことを知る。 ソフィアは自分を助けてくれた王太子に一目ぼれしてしまい...

【コミカライズ】わんこ系幼馴染の騎士が夫になりまして

まるで弟のような、泣き虫な幼馴染アランと、世話を焼く姉のように過ごしてきたティナ。 成長したアランは王都で騎士になり、近衛騎士隊長にまで出世する。しかし魔物大討伐で活躍したアランが、ある日、大慌てで村に帰ってくると「寂しすぎて死んでしまう!」という理由でティナとそのまま入籍をしてしまって!? ティナが状況をのみ込んだ頃には、王都の屋敷で“奥様”として暮らすことに。 恋人の期間もなかったのに、...

【コミカライズ】大嫌いな婚約者が理想の旦那様でした

豪商の娘であるクラリッサは政略結婚をする予定の婚約者・アルバートについて悩んでいた。 アルバートは容姿端麗で性格も優しく、誰が見ても理想の王子様で非の打ちどころがないはずなのだが…。 実はクラリッサは、とある理由から王子様系の男性が苦手だったのだ! 彼に婚約破棄をしてもらおうと、あの手この手で嫌われようと奔走するクラリッサ。 ところが、彼女のふとした発言で、アルバートがこれまで隠してきた素...

INFORMATION

Twitter